圧砕工法とカッタ工法

重機

各工法に使われる機械

住宅やビルなどの建造物を解体する際には、建築工法の違いによって工事の進め方や使われる機械も違ってくるものです。兵庫県内にも解体工事を請け負っている業者が多数ありますが、所有している機械や重機が異なるためそれぞれ得意分野があります。RC工法によって建てられた住宅や鉄骨鉄筋コンクリート造のビルは構造が堅牢で、解体する際には鉄骨や鉄筋コンクリートを効率よく破壊・切断しなければなりません。兵庫県内の業者でもそうした住宅やビルの解体を得意としている業者は、圧砕工法やカッタ工法に適した機械や重機を多く保有しているのです。圧砕工法は油圧ショベルの先端に圧砕機と呼ばれるアタッチメントを取り付けて解体する方法で、解体工事では最も多く利用されています。アームの先端には鋏状になった作動刃が取りつけられており、2つの刃の間でせん断や圧縮・曲げの力が働くことによって鉄筋コンクリートや鉄骨を破壊していくのです。兵庫県内の業者では基礎など地下部分に対してブレーカと呼ばれる強力な解体機械を用いる場合もありますが、この方法では大きな騒音が発生します。圧砕工法はブレーカ工法より騒音や振動の発生が少ないため、スタンダードな工法として普及しているのです。一方で圧砕工法は粉塵が多く発生するというマイナス面もあることから、兵庫県内の解体業者ではカッタ工法を併用しているところも見られます。この工法で使われるカッタ機にはブレードと呼ばれる円盤状の切刃が設置されており、ブレードにはダイヤモンドが埋め込まれています。このブレードが高速回転することで硬い鉄筋コンクリートでも効率よく切断できるため、特に住宅地の解体工事には欠かせません。高層階のビルも多く存在する兵庫県内では、高所作業に適したさまざまな重機が解体工事で活躍しています。アーム接合点を複数持つロングフロントタイプの圧砕機は、10階以上の高さのビルにも対応できるのです。

Copyright© 2018 不用な空き家を解体してもらおう|業者をしっかり選ぶべし All Rights Reserved.